キャンプとカヌーとパン作りが大好き!
子供withワンコと楽しい日々を暴走中@北海道
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
胃癌(印鑑細胞癌)

「胃がんです。大きな病院へ行ってください。」

5年前、胃が痛くなりご飯が食べれなくなった夫と一緒に聞いた検査結果です。

夫の胃はピロリ菌だらけ。

主治医も
「こんなにたくさんの潰瘍みたことないです。」
ってくらい、胃潰瘍ができていた。
十二指腸潰瘍もできていた。


大きな病院へ行き胃を全摘した。


そう。
あれから5年が経ちました。

がん患者にとっては5年がひとくくりで、一応根治。
と言われています。


たくさんたくさん辛い思いをしましたが
健康でいてくれることに心から感謝です。

これからもどうか健康でいてください。


続きは5年前のこと。
癌発覚〜術後まで。
超長いので、興味のあるかたはどうぞ・・・






追記
※タイトル変更しました。

検索ワード『胃がん』『印鑑細胞癌』で
このブログにたどり着いてる人がいるのがわかったので変更しました。


夫は本当に初期の段階で見つかりました。
術後にステージ1Aだとわかりましたが
癌だとわかった当初、
病院での反応はとてもいいもとは言えませんでした。
(手術した病院とは別の病院です)

手術は恵佑会病院(札幌)でしました。
胃潰瘍で入院した病院で紹介していただき転院しました。

あくまでも我が家にとってですが
内科、外科の主治医の先生は素晴らしい先生でした。
こんな先生に今まで会ったことがない!というほど
頼り甲斐もあり、信頼ができる先生たちでした。
疑うことも、不快な思いをすることも一度もありませんでした。

ドクハラなんて言葉がありますが皆無でした。
今でもその対応に感謝しています。
あの当時、私は臨月でした。
夫が癌だと言われ精神状態は崩壊しかけていました。
些細なことに不快な思いをしていました。(病院外でね)
でも、ドクターによる不快な思いは一切しませんでした。
病院関係者の方達には今でも感謝の気持ちでいっぱいです。


今、5年が経ちました。
5年間真面目に検査に通いました。
一度も欠かしたことはありません。
そうすることでしか癌と戦うことはできないと思ったからです。
早期発見が一番だということも身にしみて感じていました。

この5年間常に再発に怯えてきました。
先生と話すたびに胸をなでおろし、次の検査を待つ。
そんな5年間でした。


そしてこれからも半年に1回検査を受けることになっています。
(本人の希望)



藁をもすがる思いでいろいろと調べている方もたくさんいらっしゃるでしょう。
検査し、手術するまではわからないことだらけ。
本人かもしれない。ご家族かもしれない。
なった人にしか理解できない不安と恐怖だと思います。
誰に話を聞いてもらっても、不安と恐怖は払拭されることはないでしょう。

安易なことは言えません。
経験者の私達ですら、かける言葉も見つかりません。


100人いたら100通りの癌があります。
ステージも手術してみないとわからないのが事実です。
予想でステージ1の人が2、3になることもある。
逆にうちのように、3よりの2もしくは3と言われていたのが
1Aだということもある。


病院の検査がおかしいのでは?ということではなく
事前検査で全てわかるわけではない。
胃がんはがそういう癌だ。と私たちは認識しています。

胃がん以外の癌についての知識は私たちにはありません。
自分たちがかかった「印鑑細胞癌」以外のこともわかりません。

私達に言えることは
印鑑細胞癌だった夫のがんは「根治」しています。
という事実だけです。

そしてこれは5年前の話です。
この5年で医学が進歩していることも忘れないでください。

続きを読む >>
15:28 胃癌 comments(3)
1/1PAGES